トイレットペーパー騒動

えーここ数週間世界中で新型コロナで大変なことになっていますが。

だれがトイレットペーパーが無くなるなんて言い出したのか、多くの人が店に殺到しトイレットペッパーや生理用品が一気に無くなりましたね。

海外でも色々大変なことになっているようです。

おそらく日本人のトイレットペーパー騒動をネットで笑って見ていた連中でしょう。

まあ数日すればまた落ち着くかと思いきや、まだ見当たらない。多くの人が

「どこに行けばトイレットペーパーが買えるか!?」

と考えるなか、ウチでは

「どうしたらトイレットペーパー無しで生活できるか?」

と考えました。

そこでうちのカミさんが買ってきたのは10枚ほどの綿のキッチンタオル。それを半分に切って使おうということ。

「えー!」

と思う方が大勢いると思いますが、40代以上の方はわかると思いますが、昔「紙オムツ」なんてなの無かったですからね。

赤ちゃんのオムツはみんな「布」でした。5年下の弟が赤ちゃんの頃、お母さんと「オムツ」を一緒にタライで洗濯して庭に干した記憶が残っています。

だから考えれば大したことでもない。

今ではウオッシュレットもありほぼ用を足した後なんてほぼ綺麗だから、少し拭うだけで十分綺麗になります。

トイレには布はさすがに流せないんで、トイレの横に水を張ったバケツを用意。その中にオキシクリーンを少し混ぜます。オキシクリーンは優しい漂白剤みたいなもんです。そして使い終わったらその中にポイ。

たまったら洗って干す。そしてまた使う。それだけです。

カミさんの生理用品も洗って使える物に変えたようです。近所のドラッグストアの片隅にもちゃんと売っていました。

こういう事を書いたり、話したりすると必ず「汚い」とか「ノロウイルスが!」とか言う人がいます。けどひと昔前は布のオムツなんて普通に使われていました。生理用品はどうだったかは分かりませんが・・・

それでもノロウイルスなんてごく最近騒がれている事ですし、赤ちゃんの便にノロウイルスがいるなら、布のオムツを使っていた時はどうだったのか?と思います。

まあそんなわけで、今までの使い捨ての暮らしを少し見直してみる良い機会かもしれませんね。

因みに今まで朝のドリップコーヒーを淹れるために使っていた紙のフィルターも続けて使える綿のフィルターに変えました。なかなか良いです。淹れ終わった粉は庭のコンポスターへ、そして洗って再利用。

勿論、お尻拭き布と一緒には洗いませんよ (・ω・)ノ