READ MORE

理学療法士がなぜ五輪之書を読むのか?

「兵法の眼付と云ふ事」 眼の付け様は大きに広く付るなり、観見の二つあり、観の目つよく、見の目よわく、遠き所を近く見、近き所を遠く見ること兵法の専なり、敵の太刀を知り、聊か敵の太刀を見ずと云事兵法の大事なり、工夫あるべし、 […]