選手目線の東京オリンピック2020

まだまだ新型コロナウイルス騒動続いていますね。

世界中に広がるなか、ヨーロッパが特に酷いようです。今では発生源と言われている中国よりもニュースになってますね。今の中国はどうなっているんでしょうか?
そんな中、今年夏の東京五輪はどうなるのか?
開催か? 延期か?中止か?と言われていますがどうなることやら。
おそらくコロナウイルスは夏までには落ち着くでしょう。ワクチンなんかもできるかもしれませんしね。でも夏までに落ち着いたら開催できるだろうと思ったらそうは問屋が卸さない。
オリンピックに出場できる選手がまだ全員揃っていないんです。オリンピックを目指している多くの選手はこれから色々始まる大会へ出場し、記録を出しつつ調子を上げていくのです。そして記録を出して出場資格を得ることができるのです。
それがコロナ影響で大会がほぼキャンセル!
すでにオリンピック出場が決まっている選手は大会無しでオリンピックで一発勝負。決まってない選手はそのまま出場できないで終わるか、開催されるかされないかも分からない、オリンピック前の大会で記録を出すかどちらかです。それもオリンピックに出場できる記録を出せるのは6月までの大会まで!
さらに大会だけではありません。いまほとんどの陸上競技場などの練習場がクローズされているんです。そのために、開いている数少ない普段それほど人がいない陸上競技場は芋洗状態!
日本ではまだ外で練習できるだけいいですが、ヨーロッパやアメリカなどでは外出が禁止されていますね。一体選手達はどうしているのでしょうか?
あと数ヶ月後にオリンピックでコンディションを上げて行かなければならない大事な時期に、大会がない、練習ができない、いつまで続くのか検討もつかないでは調整がかなり難しい状態です。
東京は「オリンピックを予定通りにやります」と言っています。でも調整がしっかりできないままオリンピックを迎えることになってしまう選手達はどうなるのでしょうか?そしてその心境は?
日本のインバウンドブームにラグビーワールドカップの大成功、このまま東京オリンピックで更に景気を上げていこう!なんていっている時にこのコロナウイルス。
さてこれから先、日本そしてオリンピックは一体どうなるのでしょうね。